心理カウンセラーになるには|仕事や家事の空き時間に勉強

勉強する期間と内容

整体治療

3年間で卒業できます

日本では他の国とは違って、街の中に接骨院が存在しています。そうした接骨院で治療を行っているのが、柔道整復師の資格を所有している人です。柔道整復師の資格は、日本で生まれた資格で、厚生労働大臣の行う国家試験に合格する必要があります。しかしこの国家試験を受けるためには、その前に一定の要件をクリアーすることが必要です。その要件のなかでとくに大事なのが、専門学校や大学で教育を受けることです。このうち専門学校は、4年間通う必要のある大学とは違って、3年間で卒業することができます。そのため柔道整復師の教育は、専門学校で行われるほうが多いのです。したがって柔道整復師として早く働きたい人は、専門学校を選ぶと良いのです

西洋医学も大切です

ただし3年間という短い期間ですので、そのあいだに臨床能力を磨く必要があります。その点で柔道整復師の専門学校では、西洋医学の学習も重視しています。例えば現在は高齢化社会なので、高齢者が接骨院をたくさん利用しています。そうした高齢者は、若い人とは異なって基礎疾患を持っていることが多いのです。すると基礎疾患が、柔道整復師の治療の中でも影響することが増えます。例えば内臓疾患を患っていると、ときとして腰痛を訴えることがあります。腰痛の大半は運動器系疾患ですから、柔道整復師の守備範囲です。しかしこのように内臓疾患が原因になり得るので、そうしたときは医療機関を紹介することが必要です。したがって柔道整復師の専門学校では、東洋医学に加えて西洋医学もよく勉強することが大切です。