心理カウンセラーになるには|仕事や家事の空き時間に勉強

種類や業態は様々である

カウンセリング

心理カウンセラーの定義付けは人それぞれですが、簡単にいうと、悩んでいる人や落ち込んでいる人などを、相談やカウンセリングなどによって精神的に支えること、といえます。心理カウンセラーといっても、その種類は様々であり、また働き方も人それぞれです。資格でいえば、最難関資格といえる臨床心理士から民間の様々な資格まであり、働き方でいえば、病院などの医療機関や学校などの教育機関、さらには占い師など、実に幅広いものになります。このように、どんな資格を取得するかや、どんな勉強をするか、それによってどんな心理カウンセラーになるのかを選ぶことができる点に、魅力の1つを見出だすことができます。心理カウンセラーの魅力はそれだけではなく、年齢や性別を問わず、一部の資格を除けば、勉強をすることにより誰にでもなることが可能であることも、魅力の1つだといえます。

心理カウンセラーの勉強には、市販の参考書を活用して独学で行う方法や、専門学校や資格の通信講座などを活用する方法などが挙げられます。民間の簡単な資格などであれば独学でも十分取得可能ですが、短期間で確実に合格するためには、専門学校などを活用することが効果的でしょう。専門学校や資格の通信講座を選ぶ際のポイントとしては、信頼性と実績を重視することが大切です。最近では、心理カウンセラーを取り扱う専門学校や通信講座が増えてきており、中には利益主義で信頼や実績を伴っていないところも、少なからず存在しています。老若男女問わず誰でも勉強することが出来るとはいえ、最低限の知識は確実に取得しなければなりません。そのため、専門学校や通信講座を選ぶ際には、電話や面談などで担当者の話をしっかりと聞き、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。